タケちゃんの平々凡々

ぜんぶ笑い飛ばして生きていきましょう!ははは(笑)

「実家暮らし」は選択肢としてアリだと思う


実家暮らしと一人暮らしの違い10選


学校を卒業して、いざ就職って話になった時に、実家から離れずに働くって選択肢。いろいろとアリやナシやと意見があるけど、正直賢い方法だとは思う。もちろん丸得ってワケでもなくて、幾ばくかのお金は実家に入れるのがスタンダードだけど、総合的に見て得だと感じる。1人暮らしは驚くほどお金がかかるので、光熱費やら住居費がかからないのはデカい。そのうえで、軽く仕事に小慣れた後か、資金が潤ってきたあとなんかに、やっと1人暮らしを始めるっていうのも全然OK。

まぁ、1人暮らしを始めた直後って、何かと実家に居たころのほうが楽だったなーって思うもんだけど、これも結局慣れの問題だったりもする。1人暮らしを続けてるうちに、どっかのタイミングで「ソロ暮らしサイコー」に転換するので、実家暮らしのほうが億劫になる。でも、人によっては1人暮らしにも飽きて、また実家に引っ込もうかなーって心持ちになるので、住居スタイルの向き不向きは確実にあると思っていい。最初のうちは損得だけで住処を選んでいいけど、生活を続けるうちに自分の適性が解ってくるので、最適な住居スタイルを選ぶのが一番いいかもね。

ただ、親とか仕事の関係で、住居スタイルや住む場所を自由に選べないっていう、のっぴきならない事態になることもある。そういう時は、どんな暮らしにおいても「慣れる」しかなくなるんだけど、たいていは金で解決できる問題だったりもする。どこに住まうにしても金だけは溜めておいたほうが身のためだし、究極的な話をすれば、金があれば大体のことは自由になる。

話を実家か賃貸かの話に戻すけど、支出の負担が一番デカいのってだいたい住居の家賃なので、1人暮らしを始める新居が賃貸住宅じゃなければ、実家にこだわらなくてもいい気がする。もっとも、東京都で仕事してる場合、もし仮に新築一戸建てを目黒に買うとすると、大まかに見ても億単位の世界。若いうちに買うとなったら、アタマ四つくらい抜きん出た才覚が無いと厳しい額ではある。

 

場末のマンションとかそういうのになると、もうちょっと額面は下がるけどね。良い土地に住まうには相応の金が必須という話。

「庶民の夢」ってなんか無くなったよね


伊東歌詞太郎「帰ろうよ、マイホームタウン~追想~」(3rd Full Album「二天一流」)

 

今って一軒家とかマイホームも、

価値観の変化から「庶民の夢」って

感じでは無くなってる気がする。

 

昔は働いて家とか車とかを買うみたいな、

いわば「物欲ベース」の願望を持つのが

スタンダードだった気がするけど、

今となってはそういう夢を掲げるのも

かなり時代遅れな感じになってる。

はやい話がバカにされる。

 

どちらかと言えば、物質的な

豊かさよりも、精神的な豊かさのほうが

重要視されてる感じ。もちろん

「何かを買う」ってことを目標に

掲げる人もいるけど、その中でも

合理性がちょいちょい見え隠れしたりする。

 

高級外車よりも、安くて質のいい車。

超高級マンションよりも賃貸や中古物件。

東京でヒルズ族になって勝ち組になるより、

埼玉あたりでローコスト住宅に住まうほうがいい。

と、考える人が多くなってきた感じ。

 

仮に「世界一の金持ちになってやるぜ」って人が

身近にいたら、まぁバカにされるよなぁって

イメージだけど、正直そういう人にこそ

頑張って欲しいなぁっていう気持ちも

あったりする。果てしなく金稼ぎの上手な人、

金使いの荒い人じゃなきゃ経済回せないもん。

 

 

目を二重にする「二重埋没」という方法

f:id:takeruEX:20180914150752j:plain

 

今は美容整形で目を二重にできるけど、

二重にも種類があるので、自分に合った

すきなものを選べるようになってる。

 

薬局にあるようなアイプチみたいに、

軽くやるような感じでも無く、

二重埋没っていう二重専用の施行方法。

 

当然自分でセットするよりも、

大分綺麗にできたりする。二重になると

最初のうちはかなり違和感バリバリだけど

やっぱり一重から二重は目元の

印象が全然変わる。おすすめ。

 

生まれつき一重の人と二重の人が居るけど、

お金掛かること考えると生まれつきで

二重の人は結構羨ましい。そういうと、

生まれついて美男美女の人がもう既に

羨ましいって話にもなるんだけど。